NEWクロックスタイルズ

時計のベルトを選ぶ時には

時計は携帯やスマートフォンが普及した今も必須アイテムですね、おしゃれ感覚で使う場合やビジネスシーンでも役に立ちます。ベルトは、金属性のものと、皮革でできたものがありますが、それぞれ特徴があります。金属製の場合は、購入店で自分の手首に合わせてサイズ調節してもらうことが可能がことが多いです。長さを長くすることはできないですが、緩い場合には、サイズをつめることができるでしょう。汗をかいた時や長時間つかっていた時には、やわらかい布や紙なので拭いておくと、気持ちよく使えます。皮革の場合は、サイズ調節はもともとの長さから短くはできませんので、緩い時には、新たに穴をあけることでサイズをあわせることができます。金属アレルギーのある方も安心して使うことができるでしょう。いずれの交換時も、元の時計本体を持参して盤面の雰囲気と、特にベルトのサイズ・幅が合っているかを確認することが大切です。ケースに**mm用、と幅が記入されていますので、サイズが合うものを選びましょう。

時計のベルトの選び方

最近はスマートフォンなどで時間を確認する人が多くなっており、腕時計を使う人は減って来ています。そういった風潮の中でも、オシャレとして、または大人のたしなみとして腕時計を付けようと考えている人は少なくはないようです。腕時計の選び方としては、まずはデジタルかアナログかというところになるでしょう。デジタルは数字が文字盤に表示されているタイプのもので、アナログは、文字盤の上を針が回るようなタイプです。また、デジタルの場合にはベルトと一体化しているタイプのものが多いため、あまり悩む必要はないのですが、アナログの場合には、そのベルトをどうするかという点で悩まれる人も多いようです。人気があるのは、ステンレスのベルトです。ステンレスの場合には汚れが中に入り込んでしまう傾向にあり、掃除が少し大変ではありますが、劣化しにくいというメリットがあります。味わいがあるのは革のタイプですが、こちらは劣化しやすいものの、それを味として楽しむ人も多いです。また、両方用意して、季節によって付け替えるという方法もあります。

check



2019/9/26 更新


『時計 ベルト』 最新ツイート

@HorologyWatchi1

広島平和祈念資料館収蔵の時計をこれで検索できる。すごい。しかも、エピソードが具体的で胸に迫る。 ■原型を残さず消し飛んだ37歳の中村さんを家族が見つけたのは、ベルトを変えたばかりの愛用の腕時計であった。発見は8月9日。… https://t.co/EO5niPNXKP

14分前 - 2020年08月12日


@yuchyoyej19

@tsubuyakitomato わかります〜最高最強でした💙あれは貴重な動画でしたね👏ベルト、サングラス、時計外す、靴下…あげるとキリないですが😍前髪には清らかな風が吹き、最後には一度手を広げて立ち止まったかと思うと、上からスポ… https://t.co/pqdJO2XhjB

1時間前 - 2020年08月12日


@StY314

この夏は外出する機会が少なくなるので、革ベルトのドレスウォッチの需要が例年より増えると予想していた。しかし、そもそも家で腕時計を着ける人はそんなにいないということを失念。 結果、時計全般の需要が減るということに気づけず... やっ… https://t.co/NTMxonNtcC

1時間前 - 2020年08月12日


このページのTOPへ戻る▲